【視察報告】豊洲で活躍するPCT園芸クラブ

XXX" 豊洲で活躍する「PCT園芸クラブ」の視察に行ってきました!

江東区豊洲の都道である晴海通りでは、桜並木の根元に花壇を整備しお手入れを行っている「PCT園芸クラブ」が活躍しています。
花壇は全長100m以上もあり、東京都との許可を得て、隣接するマンション住民を中心とした25名程のメンバーが担当を決めて毎日お手入れをしています。
江東区豊洲の都道である晴海通りでは、桜並木の根元に花壇を整備しお手入れを行っている「PCT園芸クラブ」が活躍しています。花壇は全長100m以上もあり、東京都との許可を得て、隣接するマンション住民を中心とした25名程のメンバーが担当を決めて毎日お手入れをしています。

XXX" 夏には子ども達とともに水やりをするイベントを開催したり、親子でチューリップなどを植えて楽しむ「親子花壇」も新たに整備。都心で土や植物などの自然と直接触れ合える体験は貴重で、近隣の方々にも大変喜ばれているそうです。
団体の活躍で花壇が整備された桜並木は、フォトスポットとしても人気で、お手入れをしていると感謝の声を掛けられることもあるとか。初めはマンション住民だけで行っていた活動でしたが、活動を続ける中で、近隣の方もボランティアで参加してくれるようになり、地域とのネットワークも生まれています。
PCT園芸クラブの毎日のお手入れで美しく変身した桜並木。これからのお花見シーズンが楽しみです!ご案内頂いたメンバーの皆様、ありがとうございました!!

※PCT園芸クラブの活動には、(一財)セブン-イレブン記念財団の助成金が活用されています。